Zinus’ ESG Management 2030 グローバル公式サイトがオープン

2022/7/14

Environmental (E):環境、Social (S):社会、Governance (G):ガバナンスの3つの視点から持続可能な発展を追求し、グローバルスタンダードに対応した透明性の高い経営活動を実現

ZINUS JAPAN(本社:東京都渋谷区、代表者 チョウ チンヨン)の親会社であるZINUS Inc.が、2022年7月、ESGへの取り組みの活動や「Zinus’ ESG Management 2030」について紹介する、グローバル向け公式サイトをオープンしたことをお知らせいたします。

ESG Management 公式サイト:https://esg.zinus.co.kr/ESG/html/main/index_en.html

ZINUS Inc.は、サステナビリティへのさらなる一歩として、地球とすべてのステークホルダー(お客様、株主、サプライヤー、従業員、地域社会など)のために、持続可能なビジネスを構築することを約束し、そして2030年 net-zero*1 の達成に向けて、持続可能な成長を加速させていきます。

*1 温室効果ガスあるいは二酸化炭素(CO2)の排出量から吸収量と除去量を差し引いた合計をゼロにすること

Zinus’ ESG Management 2030

ZINUSは2030年までに、Sustainable Green Furniture(サステナブルグリーンファニチャー)企業として、世界中のお客様にとって、グリーンファニチャーのファーストチョイスとなることを目指し、環境に配慮した家具を提供し、お客様の満足度を最大化していきます。

【ZINUSについて】
ZINUS(ジヌス)は、1979年3月の創業以来、北米を中心に成長し、グローバルで展開をしている家具メーカーです。アウトドアブランドを発祥とするZINUSは、テントを圧縮する技術を応用し、マットレスを圧縮して段ボールで配送するという販売方法(Bed-in-a-Box)を世界で初めて発明したパイオニアブランドです。物流コストが高く、国内生産での販売に依存していた米国のベット・マットレス市場において、輸出を可能にしさらに、オフライン家具専門店が独占していたベット・マットレス市場でオンライン販売経路を開拓しました。独自技術の開発や、カスタマーレビューによる改良を重ね、快適で手軽な製品を生み出し続けています。現在では、グローバルで約1,800点の商品を展開しています。2019年に日本支社を設立し、現在はオンラインでマットレスやベッドフレームを中心に販売をしています。

【ZINUS JAPAN会社概要】
会社名    :ZINUS JAPAN株式会社(ジヌス ジャパン株式会社)
本社     :東京都渋谷区千駄ヶ谷 5丁目27-5リンクスクエア新宿16階
代表取締役社長:趙 珍暎(チョウ チンヨン)
事業内容   :家具(マットレス、ベッドフレーム、ソファなど)の製造・販売
ウェブサイト :https://zinus.jp

【お客様からのお問い合わせ先】
電話:0120-760-570(平日9:00〜18:00)/E-mail:customerservice-jp@zinus.com

TOP